2代目社長の悩み

経営できるか不安

40年以上の会社さんで、ご家族経営されている中小企業さまは、そろそろ息子さんや娘さんへの事業継承をお考えではないでしょうか?もしくは、想定外に事業を継がなければ行けなくなる2代目もいるのでは?もともと継ぐつもりもなく別の会社で働いていたのに、、、と言う方もいるでしょう。覚悟は出来ていたとしても、急にやるとなると、不安だらけでしょう

業務内容をITを使って理想の形にしたいけど、、、

理想とするやり方はあっても、なかなか急に業務内容を変更するのは難しいでしょう。

今までのやり方を変えるのはかなりのエネルギーが必要です。特に長く勤めている高齢の社員さんなどは、パソコンが苦手だったりして、なかなか浸透しません。社長自らがマンツーマンで教える時間もありません。

これは補佐役が必要だ!

そんな社長さんはまず何を考えるか。それはITに詳しい専任社員を雇いたいと考えるでしょう。自分がいくらIT知識があっても、理想の形が頭に浮かんでいても、自分1人の身ではなかなか浸透しません。そこで、社員の声を聞き、社員に寄り添って丁寧に使い方を教えてくれる存在が必要になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です